記事一覧
小児でも発症するカンジダ症

カンジダ菌は男性女性の皮膚や口腔粘膜・消化管粘膜など、全身のあらゆる部位に分布している常在菌の一種です。常在菌には人間にとって有益な作用を持...

2019年10月29日
ヘルペスより認知度と感染者が多いクラミジア感染症

現在日本における性病の中でも感染者数が一番多いのが、性器クラミジアになります。原因菌になっているのがクラミジア・トラコマチスという細菌に近い病原性微生物です。数ある性病の中でも突出して感染者数が多いのは、理由の一つとして感染力が強いことが挙げられます。感染者数のコア層の年齢を見れば、性病の特性が際立...

2019年10月12日
ヘルペス発症時の水疱の中はウィルスだらけ!日常品の共有に注意

ヘルペスの症状の中でも典型的なのが、口唇や口腔粘膜や口周辺、あるいは性器や肛門周辺に複数発生する水疱になります。水疱の特徴としては、簡単に破れやすく、しばしば潰瘍を形成することがあります。潰瘍とは皮膚や粘膜に発生している傷のことで、粘膜や皮下組織が無防備になるので、その他の各種細菌などに二次感染して...

2019年09月27日
ヘルペス再発防止薬でも有名なバルトレックスはセントレックスが安価

ヘルペス治療は抗ウイルス薬の開発の歴史でもありました。性病の原因菌では、多くの場合はクラミジアや梅毒トレポネーマなどの細菌が原因となっているので、抗生物質の投与で効果的に治療することが可能になっています。細菌は自らたんぱく質を合成し、独立して増殖することができます。ところが、ウイルスは細胞に寄生して...

2019年09月07日
よく再発するヘルペスは通販で治療薬を買うのがおすすめ

ヘルペスにはバルトレックスなどの抗ウイルス薬を使用した治療法において豊富な実績があり、確立された治療法と評価されています。治療効果は90%程度と有効性が高いことが確認されているので、バルトレックスを筆頭にした抗ウイルス薬により、症状は速やかに沈静化させることが可能です。しかしヘルペスは非常に再発しや...

2019年08月20日
ヘルペスがまた再発!有効な治し方とは?

性感染症として有名なヘルペスですが、実は大きく分けて2種類に分類されており、微妙に性質や特徴が違うのをご存知でしょうか。この病気の原因となるウイルス(HSV)は、主に口腔や顔面などに水疱が多発する口唇ヘルペスの原因となるHSV1型と、性器や尿道・肛門周辺などに水疱が発生するHSV2型に分けられます。...

2019年08月07日